We were There (インスト版)

2018年が始まりましたね。

いかがお過ごしですか?
年が新しくなったこの時期、多くの人が新年の目標や希望、抱負などをお持ちだと思います。

自分は2017年には10曲ぐらいは曲を作ってアップしていきたいなと思っていましたが、アレンジ&録音だけならそのペースで行けたとしても、編集&マスタリングもとなるとなかなかそうはいかず、しかも動画をつけるとなるとさらにその時間も必要となって、結局公開できたのは3本だけでした。

実際にやってみると思ったよりも大変なことってしょっちゅうありますね。

やってみて大変な思いをすることも多いですけど、その中からしか学べないこともありますし、やった分だけ何かは身につくでしょうし、なんだかんだ言って楽しんでます。

2017年で得た教訓を生かし、今年は本数はこだわらずに、音源の編集や動画の制作を学ぶという点にフォーカスして2018年を創作の年にしていけたらと思います。

近況としましては、昨年の感謝祭後のブラックフライデーのセールでピアノ音源のプラグインを買いまして、作りかけのデモトラックに組み込んで色々と遊んでみたんですけど、これがまたまた良い感じでして早速音源作りに活かしてみたくなったんですよね。

*アメリカでは感謝祭の翌日はブラックフライデーという一年で最大規模のバーゲンが多くの店で開かれます。「帳簿が黒字でウハウハ♪」状態になることからブラックという名前が付いているそうです。ブラック企業のブラックとは違いますのでご安心を。

オンラインでも同様ですので、もしかしたら日本にお住いの方もアメリカ製のアプリやプラグインをお使いの方はアメリカのサイトに行ったら11月の後半は格安でソフトや機材が手に入れられるかもしれませんね。

しかし、年末の多忙な時期が目前にしまっている中、すでに手がけている音源があったこともあってガッツリと作りこむほどの時間はなかったので、過去に仕上げた「We were There」のトラックを流用してインスト版にしてみることにしました。

もともと、We were Thereは歌モノを意識したインストで作っていましたし、ちょうどいいんじゃないかなと。

自分が鍵盤を弾けないので今までピアノを効果的に使うことができませんでしたけど、これからはピアノをどんどん使ってアレンジをしていけるかなぁとニンマリしています。

そんなこんなで、買ったばかりのピアノ音源を使ってインスト物にアレンジしたWe were Thereに画像をのっけてYouTubeにアップしました。

さてさて、2018年最初の作品となります「We were There(インスト版)」、ぜひぜひ聴いてやってくださいまし。

カテゴリー
ムービー