なるほど、人はこうしてBarに足を運ぶんですね

その他

最近音楽仲間から頻繁に名前を聞く、噂のバー「CAN-ZO」さんにKaoruちゃんの演奏を見に行ってきました。

月曜日にはボサノヴァを演奏される人がいるとFBで見かけたので、この前の月曜日に行こうと思ってたのですが、Cajonを叩いていたら時間が経つのを忘れてしまって行きそびれてたんですよね。

またの機会にしようっと、なぁ〜んて思っていたらKaoruちゃんが演奏するとの告知が♪

なんと嬉しいことにCAN-ZOさんは職場の近く…これは行くでしょう!

ちょっと遅れてしまったので演奏の途中で着いたんですけど、ちょうどMCの途中だったらしくドアを開けるなり
いきなり「Hiroさぁ〜ん!(≧∇≦)」

元気娘、いつものCanaeワールド展開中です。

Kaoruちゃんも「来ると思ってたよ〜。」ですって。

なんか、こういうの良いもんですよね。

人見知りで友人を作るのが苦手な自分ですが、最近は1人で行っても誰か友人がいる…。

なんとなく、やっと少しずつですけど、この街で生きてるんだなって感じられるようになってきました。

本当に友人というのはありがたいものだなって思います。

自分にとってのhomeって、街ではなく、友人たちのことなんだなって思います。

行けば誰かいるでしょう♪

人ってこれがあるから行きつけのバーとかできるのかな?

まぁ、演奏を見に行ってるんですから、そりゃ誰かいるのは当たり前なんですどね。

今日はKaoruちゃん、CanaeちゃんとSaxのAlという編成。

やっぱりね、Alのsaxは良い感じですわぁ。
楽しんでる雰囲気が最高!

楽しむといえば暴走機関車Canaeちゃん。

いやぁ〜、みんなを巻き込む巻き込む!

お洒落なバーが居酒屋モードに!

でも、お客さんもみんな笑顔でファミリーな感じ。

こういうのなかなか無いですよね。

今日の主役Kaoruちゃんもほろ酔いなのかちょっと頬が桜色。

自分はアルコールが入るとグデっとなってしまうんですけど、慣れない場所でも演奏が崩れないのは流石です。

歌も演奏も雰囲気も、和気あいあいとしてました。

良いバーですなぁ。

缶詰バーってどうなん?

ちょっと半信半疑なところがあったんですけど、いやいやいや、これは侮れませんでした。

缶詰を素材に使ったアペタイザー、結構イケました。

店員さんもナイスですし、お店も清潔感あってイイ感じでした。

いや本当にね、あのナイスさとフレンドリーさにはびっくりしました!

最初の一声ですっかりお店に馴染んじゃいました。

あのくつろぎ感、ウェルカム感、凄かったです。

もちろん友人たちの演奏あってのものだという事は言うまでもありませんが、今までだって何回か行っているとこでだってそんな感覚になるところはなかったと思います。

いや本当にね、この人達凄いって思いました。

ちょっとだけではありますが、銀座のジャズクラブや西麻布のバーで働いた経験があるんでなおさらそう感じたのかもしれません。

最初の一声で、すっと入ってきましたからね。

人見知りの自分がいきなり和めたんですよ。

かなり本気で尊敬しました、はい。

いいお店だなって思いましたねぇ。(しみじみ)

演奏する側にとってもこじんまりとした編成には良いサイズだと思います。

お店の雰囲気がいいからとても演奏しやすいと思いました

音も良く聞こえるし、自分のお気に入りスポットが増えましたよ。

職場も近いし、残業後にふらっと立ち寄るのもいいかもしれませんね。

それでもって演奏が見られるんですよ、いろんな人の演奏も見てみたいですし、これはちょっとサウスベイが面白くなってきました。

アコースティックでやるにはちょうどいいお店。
この春はRicatoのCAN-ZOデビュー…アリですかなぁ♪

そんなこんなの月が綺麗な夜の出来事なのでありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました