弓場メソッドがバンド内でブーム

Central Avenue

このごろ、集中して色々と曲を書いていたんですけど、
やっぱりその時の歌詞とアレンジって大切ですね。

デモの状態と言っても、
やっぱり聴く側はそのイメージを強く持ってしまうみたいで
その歌詞ではオヤジバンドには使えないなぁ~とか、
このアレンジではちょっとポップすぎるよね、
などとの理由で数曲が没になってしまいました。

歌詞はただの一時的なもの、
アレンジはバンドで意見を出し合って作り変えるのが前提....。

そのつもりでどんどん書いてきたんですけど、
やっぱりアレンジと歌詞を
練り上げてから聞かせる方が良いみたいです。

それに、もうちょっと渋めの音が欲しい感じなので
また趣向を変えて挑戦してみようと思います。

でも、その為には僕自身の引き出しを増やす必要があるので
しばらくは色んな分野の音楽を聞いて過ごそうと思っています。

作曲は、ちょっと休憩です。

曲が書きたくなれば自然とメロディーも浮かんできますし、
浮かんだら書けば良いんですしね。

次に取り組んでみたいスタイルもイメージできているので、
しばらく休んだら、きっとまた書き始めると思います。

さて、オヤジバンドの中で
ブームになっているものがあります。

きっかけは、あるメンバーがみんなに用意してくれたDVDでした。

NHKのクイズ番組の1コーナーだったんですけど、
音痴が治るというレッスンのお話でした。

弓場徹さんというテノール歌手でもあり、
大学の教授でもある方が確立されたメソッドのお話なんですけど、
それがとてもユニークでして.....。

目玉のオヤジのマネや、ヤギのマネなどの意外な発想で
音域を広げて声帯の使い方を身につける方法なんです。

気になる人は、こちらのサイトを見てみて下さいね。
http://www.yubamethod.com/

で、なんでそれがバンドの中で
ブームになっているかと言いますと....。

実は、僕がそのメソッドを手軽にできる本を
たまたま、以前にブックオフで中古で買っていまして、
「弓場メソッドの本なら持ってますよ~。」って言ったら、
「マジ!? それみんなでコピーして練習しようよ!」
って、なったんですね~。


奇跡のボイストレーニングbook

そうそう、この本です。
CDも付いていて楽しく練習できるんですよ。

僕も、ちょっと練習した時期があったんですけど
洗い物をしている時とかにCDにあわせて練習したりしてました。

表声と裏声の境目を奇麗に繋げるのが難しくって
ちょっと疎遠になっていたんですけど、
メンバーに声帯の使い方の話を教えてもらったので
本が戻ってきたら弓場メソッドを取り入れて
声の出し方を研究してみようと思ってます。

今は、まずは準備段階として
声を出す事に慣れる事から始めてみました。

キーボードで音を出しながらピッチをあわせたり、
コードを鳴らしてから発声練習をしたりしています。

コードから音を拾えるようになる為にも
なかなか良いレッスンになっています。

それに、音名を確認してから発声しているので
スケールの構成音にも慣れてくるので
音楽の基礎力を養うのにもとっても役に立っています。

将来的には歌も歌えるようになれて
キーボードも弾けるようになれたら良いなって思っていたので
ちょうど、その練習をする時期なのかも知れませんね。

ギターに加えて、歌とキーボードが使えるぐらいになれたら
本当に凄い事だなって思います。

歌も努力次第で改善できるし、
その方法が分かったんだとしたら
これはやってみる価値があると思うんですよね。

歌が今まで弱点だった僕ですけど、
弱点克服の為にもちょっと頑張ってみます♪

*僕の昔のブログ「L.A.でギターとのんびり音楽暮らし」から転載しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました