Digi Pop (After Broke upリハ -2003)

ギタリストのSoichiroさんが帰国したのちにドラマーのDaiちゃんも帰国となり、もともとSoichiroさんの帰国前のライブを目指していた単発バンドだったこともあって、バンドはその役目を終えて解散となるものと思われました。

しかしながらリハーサルスタジオをシェアしていたバンドのドラマーのHideさんがバンドに参加してくれたり、BaのMasa君がせっかくだからこの機会に自分も曲を書いてみたいとのことで、もうしばらくバンドは続くこととなりました。

とりあえずバンドの名前は「After Broke Up(仮)」ということにして、リハーサルを重ねていきました。

その時にバンド用に書いた曲のリハーサルの録音です。

僕がVoのYasukoちゃん用に女性のキーを意識してちょっとHitomiっぽいポップなコード進行を作った上に、Masa君がメロディーを乗せてくれました。

メロディーを書くとその曲への愛着も湧くものでMasa君が自分で歌ってみたいということになりチャレンジしてみたときのものです。

当時のバンドの様子を今に残す貴重な音源となっています。

Hideさんはクラブやお店でプロとして演奏していたドラマーで、僕にとって初めてプロの人と一緒に演奏する機会となりました。

初めて一緒に演奏した時にドラムのフレーズが定規の目盛りのように正確に見えて(聴こえたというよりも音が見えたという表現の方がピッタリでした)、今までこんなことを経験したことはなかったととても驚いたのを今でもハッキリと覚えています。

それまでもドラマーに限らず上手い人達は沢山いましたが、L.A.はプロがゴロゴロといる街だということを実感した出来事でした。

Masa君のメロディーセンスはキラリと光るものがあると思うので、彼に合わせてキーを変えてギターPopとしてこの曲を完成させたらきっと良い曲になったと思いますが、バンド自体がその後失速して解散してしまいお蔵入りとなっています。

せっかくなので、あの頃の記念碑としてリハの音源をアップしてみました。